大回りました。

より大きな地図で 房総大回り を表示

大回り乗車 おおまわりじょうしゃ 地理

JRの「近郊区間」の規則を利用した、一種のお遊び。

東京近郊区間」「大阪近郊区間」「福岡近郊区間」「新潟近郊区間」に指定されたゾーン内では、普通乗車券・回数券で乗車する場合、運賃計算に使用する経路にかかわらず、ゾーン内であれば自由に経路を選択して乗車できるという規則がある。これを利用して、初乗り運賃などの安い運賃で、ぐるりと長い距離を乗ることを指す。わざわざ遠回りをして、純粋に「乗ること」を楽しむわけなので、鉄道を趣味とする人々によって実行されるのが常である。

一筆書き」と表現されることもあるが、これは正確ではない。基本的に同じ駅を2度通ることはできないため、例えば8の字や9の字のような経路を乗車することはできない。

大回り乗車」の際には、もちろん途中で改札を出ることはできない。また、近郊区間内では、距離に関係なく乗車券の有効期限は1日であるが、東京近郊区間では通常ダイヤにおける「1日」の初電から終電までに収まりきれないほどの大回りが理論的には可能であり、大晦日の終夜運転を利用してそれを実行する人々もいるほどである。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%B2%F3%A4%EA%BE%E8%BC%D6
とある漫画で大回り乗車というのを知った。ミリやってみたかったけど魅力的な路線はどこも東京近郊区間の外だったり盲腸線だったりで関東の電車は関東平野の田圃と畑ばっかりで乗ってもつまらないだろうと思っていたから当時はやらなかった。
でもいつのまにか東京近郊区間が拡大されてて房総半島を回れるようになっていた。(かなり前にそうなっていたらしい)
房総半島なら海見えるし平野じゃないし期待できるかもと思ったのでいってきました。

まず新宿駅で1番安い130円の切符を購入。
IMG_4574
新宿から中央線で東京、東京から京葉線で蘇我へ
ここら辺は写真撮れなかったので略。
でも外から多くの団地が見え、いってみたい団地がまた増えました。

蘇我から内房線に乗り換えて館山まで。
大貫駅あたりからは海が見える!
でも写真はほとんど撮れなかった。
ボックスじゃないと座った状態では撮れない。
向かいの席の人が誰も居なくなったから撮れたのがこの写真。
IMG_4571
館山駅到着。房総半島の南端(鉄道が通っている中では)
ここから外房線で大網へ。
IMG_4573
うみ
IMG_4575
くもり
IMG_4576
THE(ジ)うみ
IMG_4578
IMG_4577

IMG_4579
ウミ
IMG_4580
電線
IMG_4581
IMG_4582
無駄に高い建物。
他の建物は高くても4階なのにこれだけ異様に高い。
山形のあのマンション画像みたいな光景。
IMG_4583
局地的に都会
IMG_4584
例の何もない駅
IMG_4588
IMG_4587
UMI
IMG_4589
御宿駅あたりからは海から離れて田圃ワールドに突入。これ以降はずっと田圃の中を進む。
そして特に何もないまま大網駅到着。大網から東金線で成東へ。
成東駅。田圃ワールド
IMG_4592
成東駅から総総武本線に乗り松岸駅に到着。
銚子駅には大回りだと行けないので銚子駅の1つ前という中途半端なとこで乗り換える。
ここから成田線で成田へ。
IMG_4593
これより先は特に写真撮ってない。
成田駅に到着して乗り換えて我孫子へ。
我孫子からは常磐線で日暮里に行く。
日暮里から山手線でスタート地点兼ゴール地点の新宿へ。雨が凄い降ってた。
そして新大久保駅でゴール!
その後新大久保駅から新宿にもう一度乗り直す。
新宿からは京王線で普通に最寄り駅まで行く。
最寄り駅に着いたのは6時。千葉県を1周するだけで1日を使ってしまった。
千葉県って広いですね。