最近、なにかと〇〇ケ丘という表記をよく見る。〇〇丘じゃなくて〇〇丘。
手書きだと、多くの人が〇〇ヶ丘とするのに、活字(特に公共施設など)になるとケ丘という表記に成ることが多々ある。
このことについて調査したページが有る。
龍ヶ崎市?龍ケ崎市?「ヶ」「ケ」はどちらが正しい?
このページでは結果としてヶが是とする自治体とケを是とする自治体が両方存在することがわかった。
するとヶをする自治体、例えば茅崎市では茅崎と云う表記は間違いなのだろうか。
b5423d3e89b54ccf18d814be49e561d3
ケをする自治体、龍崎市では龍崎と云う表記は間違いなのだろうか。
e2718dd87ac82ff306bdeef2ed396d99
しかし茅崎と云う表記も、龍崎と云う表記もどちらも見ることができる。
龍ケ崎に至っては、JRの駅は竜崎駅、高校は竜崎高校など公共機関でもケとヶのばらつきがある。
同じことはッとツにもいえる。
東京の「よつや」では、四谷、四谷、四谷の3種類の表記を見ることができる。
更には、「四十八所越」、「宇生」、「紅葉」、「」、「」、「」、「」、」などもあり、バリエーションは様々だ(流石に〇〇丘、〇〇崎、〇〇丘、〇〇は無いようだ)
このヶとケ、ッとツの問題のことを、ケツ問題と云うことにしよう。
ケツ問題は、ケとツだけでなく、などの問題もあるが、それは後で説明する。

そもそもヶとケを区別する必要はあるのだろうか。
龍ケ崎や茅ヶ崎の古地図今昔マップで確認)を見てみると、両者ともヶと書かれている。最初は区別がなく、総てヶだったのだ。
ではケは何時から出てきたのだろうか。
今昔マップでは、1983~1987年迄龍ヶ崎だったのが、1992~1995年から突如龍ケ崎となっている。
しかし
龍ヶ崎を龍ケ崎に改めたという記録は特にない。自然にそうなってしまったのだろう。
d45f99d5fd043716b9cdb72b36236e91

0f46df2bd8fcadde40952abf34da8b1b
おそらく、ヶとケが区別されるようになったのは電算化の後だろう。
ヶとケに別の文字コードが割り当てられたため、区別が必要になったのだ。
しかし元から区別などなかったのだから、ばらつきが生まれるのは当然だ。
そして、ヶが正しい、ケが正しいと区別のないものを区別してしまうと事態はさらに複雑になる。

一方、文字コードが与えられなかったは、殆どになってしまった。
」、
」、「茶屋」、「」も、今では大文字だ。
この問題と、ケツ問題をあわせて、ノンケケツ問題と云うことにしよう。
ヶとケは区別するべきではない。ヶは間違ってる、ケは間違ってるなどということはあってはならないのだ。