外神田の地名をめぐりました。
鎮火原/神田練塀町/神田花房町/神田旅籠町/神田台所町/神田同朋町/神田亀住町
外神田の地名としては、もう一つ「神田餌鳥町」が気になっていたのですが、行けませんでした。
962ce1bb4c9ebb20db0c53567db92605
現:東京都千代田区神田花岡町
旧:東京府神田區花岡町
1875年(明治八年)から1888年(明治廿一年)迄に秋葉原とよばれるようになっていた。
地図
通称地名。現在の秋葉原駅がある場所。
1869年(明治二年)におこった火災をうけ、1970年、当地を火除地として、そこに鎮火神社を建てた。
火除地は原っぱになっていたので、鎮火原と呼ばれるようになった。
その後鎮火神社は秋葉神社に解消され、それに伴い鎮火原も秋葉原(あきばはら、あきばっぱら)になった。
鎮火原
鎮火原IMG_4382
まだ鎮火社の頃の地図
鎮火原

架空っg
現:東京都千代田区神田練塀町
地図
元は下谷区で、下谷練塀町だった。
由来は当地に立派な練塀があったことから。練塀は画像検索して下さい。
現行地名なのに住居表示が全くない。
写真はビル銘板だけど、まるで旧地名探しみたいになってる。
IMG_4388
こういうのではちゃんと現役ということが感じられる。
IMG_4390
IMG_6324
因みにここ、元は下谷区だったらしい。

c77655ae00bb1c2132d5de4d8a26c019
現:東京都千代田区外神田一丁目の一部
旧:東京府千代田区神田花房町
1964年(昭和39年)住居表示で外神田一丁目の一部となる。
地図
現在の万世橋北詰。
花房町
花房町

a3194cebf1be98d4b9c71e558d30ae20
現:東京都千代田区外神田一丁目、三丁目の一部
旧:東京府千代田区神田旅籠町
1964年(昭和39年)住居表示で外神田一丁目、三丁目の一部となる。
地図
一丁目から三丁目まである。
江戸時代、旅籠屋が連なっていたことに由来するが、幕末には既に旅籠屋は1軒を残すだけだったという。
旅籠町
IMG_6328
旅籠町

c5a84e9ccb3de7932a598d9e25469451
現:東京都千代田区外神田一丁目、三丁目の一部
旧:東京府千代田区神田台所町
1964年(昭和39年)住居表示で外神田一丁目、三丁目の一部となる。
地図
昔は寺の多い町だったが、火災で全て焼け、新たに建てた町は幕府の台所になったという。
江戸時代までは神田明神下御台所町といった。
台所町
台所町あ
台所町い
IMG_6343

82625bbe457b98d94bd0e8248e936d5d
現:東京都千代田区外神田二丁目、六丁目の一部
旧:東京府千代田区神田同朋町
1964年(昭和39年)住居表示で外神田二丁目、六丁目の一部となる。
地図
昔は寺の多い町だったが、1657年(明暦三年)の火災で焼け野原になった。その後再建の際、ここが同朋衆(江戸城内の案内や、弁当、茶の準備をする人)の屋敷になったことから。
江戸時代は神田明神下同朋町といった。
神田同朋町IMG_4417
IMG_4421
台所町と同朋町の地図
台所町、同朋町

ea81034d3ec9c345f59ce8c3353e62e7
現:東京都千代田区外神田五丁目3、4番地
旧:東京府千代田区神田亀住町
1964年(昭和39年)住居表示で外神田五丁目の一部となる。
地図
亀は長寿の象徴。末永く住むことができる地を願い名付けられた。
亀住町
IMG_6348
亀住町