DSC_0336
2016/06/21
DSC_0336
大割野の河岸段丘は9段にも及び,日本で最大規模の河岸段丘といわれる。河岸段丘は高い方が古い段丘となっており,一番上に位置する谷上面は43万年前に成立した。河岸段丘は大地の隆起や氷期と間氷期の繰り返しによる河川の堆積と浸食の作用によって作られ,これほど大規模かつ古い河川段丘が残っていることは大変珍しい。津南に縄文人の集落が多くできたのも,河岸段丘からの湧水が豊富であったためだと考えられている。この発達した河岸段丘は信濃川の右岸にのみ見られ,左岸には見られない。また左岸は急な山であるのに対し右岸はなだらかである。これは300万年前左岸が海であったためである。この段丘は約100万年前までは扇状地で,段丘の上が平らになっているのはここが河原であったためである。
DSC_0337
天候が曇りのためわかりづらいが,下から順に大割野面,正面面,貝原面,朴ノ木坂面が見える。

DSC_0338

DSC_0339
上3枚の写真はマウンテンパーク津南から撮影した。

IMG_8141
段丘面

IMG_8143