DSC_0543
平成廿九年丁酉七月十三日癸巳
2017/09/03
DSC_0543
樺太庁博物館
戦前の建築。樺太に残る戦前の建築としては最高の保存状態である。

DSC_0544

IMG_4221
庭にもいろいろある

DSC_0545

DSC_0546

IMG_4222

DSC_0547
中川並木

IMG_4223

DSC_0548

IMG_4224


DSC_0549

DSC_0550

IMG_4225

DSC_0551

DSC_0552

DSC_0553

DSC_0555

DSC_0556
破壊したい

IMG_4226

DSC_0557
日露戦争のものらしい。

IMG_4227

IMG_4228

DSC_0558

IMG_4229

DSC_0559

DSC_0561

DSC_0562

DSC_0563
川辺仁太郎

DSC_0564
樺太護国神社の狛犬

DSC_0571

DSC_0572

DSC_0565
内部の展示

IMG_4230

IMG_4231

IMG_4232

IMG_4233

IMG_4234

IMG_4236

IMG_4237

DSC_0566

IMG_4238

IMG_4239

IMG_4240

IMG_4241
散江郡遠内村にあった国境標石「天第一号」が展示されている。本来国境などないはずですが……。

IMG_4242

IMG_4243

IMG_4244

IMG_4245

IMG_4246
50度線の地図

IMG_4247

IMG_4248

IMG_4250
占守島

IMG_4251
赤蝦夷による侵攻の図
許せない。

DSC_0568

IMG_4252
赤蝦夷による樺太侵攻

DSC_0569

IMG_4253

IMG_4254

IMG_4256

IMG_4257
占守島にある日本人の墓

IMG_4258
富内岸橋
富内岸は真岡郡蘭泊村の地名。

IMG_4259
敷香郡敷香村半田沢にあった国境標石「天第三号」。こちらはレプリカ。

IMG_4260
豊原市街図

IMG_4262

IMG_4263

IMG_4264

DSC_0570

IMG_4265

IMG_4266
樺太の古地図は日本が作ったものばかりで赤蝦夷のものはない。
赤蝦夷が樺太を領有する正当性のなさが浮き彫りになっている。

IMG_4267

IMG_4268

IMG_4269

IMG_4270

IMG_4271

IMG_4272
赤蝦夷クオリティ

IMG_4273

IMG_4274