DSC_0836
平成廿九年丁酉十一月十日戊子
2017/12/27
DSC_0822
吉野郡七色村

DSC_0823

DSC_0824
七色高架橋

DSC_0825
滑車がある。この対岸には鹿淵部落があり、その荷渡しに使われる。

DSC_0826

DSC_0828
鹿淵橋

DSC_0829
十津川は谷が深いので吊橋が多い。

DSC_0830

DSC_0831
十津川。ここは大和国と紀伊国の境界となっており、紀伊国に入ると熊野川に名を変える。

DSC_0832
上に七色高架橋が通っている。

DSC_0833
七色高架橋
ヰキペヂアによると日本最大規模の山岳部連続高架橋らしい。インフラにより自然を克服した偉大な道路である。

DSC_0834

DSC_0836

DSC_0837

DSC_0838

DSC_0839

DSC_0840

DSC_0841
吊橋を渡るオタク。結構高さがあり、揺れるのである程度のスリルがある。

DSC_0842
優れた道路。このような道路が整備されなければオタクは十津川の深山幽谷で100キロ出すことなど不可能だっただろう。

DSC_0843
十二滝

DSC_0844
七色高架橋は途中で終わってしまうが、更に延伸する計画である。

DSC_0863
1日も早い道路改良を!

2017_12_27_IMG_7649