DSC_0199
平成廿九年丁酉十二月四日壬子
2018/01/20
2018_01_20_IMG_8449
日本最高級の住宅地である六麓荘にやってきました。

2018_01_20_IMG_8450
厳しいことで知られる六麓荘の建築協定。これにより日本最高級住宅地の格が保たれている。
江戸の成金は白金や田園調布でイキリ散らしているがあちらは自分の富を衒らかすだけの下品な町並み。六麓荘は自然と調和した町並みを作り、商業施設は一切建設を禁止しメディアへの露出も控えている。本物の富豪は決して驕らない。

DSC_0140

DSC_0141
東洋一の別荘地を目指してつくられた六麓荘の町並み

DSC_0142

DSC_0143

DSC_0144
六麓荘町町会員案内図

DSC_0145

DSC_0146

DSC_0147

DSC_0148
かつて日本一の長寿村ともよばれたこの地には巨大な邸宅ばかりが建ち並んでいる。

DSC_0149

DSC_0150
芦屋大学
学費の高いセレブ大学だが定員割れしているらしく、あまり偏差値は高くないらしい。

DSC_0190

DSC_0151

DSC_0152

DSC_0153

DSC_0154

DSC_0155

DSC_0156

DSC_0157
この家は特色だった。

DSC_0158

DSC_0159

DSC_0160

DSC_0161
武田家
武田薬品の社長宅。六麓荘の中でも最も敷地面積が広く、外から建物が見えない。

DSC_0162

DSC_0163

DSC_0164

DSC_0165

DSC_0166

DSC_0167

DSC_0168

DSC_0169

DSC_0170

DSC_0171

DSC_0172

DSC_0173

DSC_0174

DSC_0175

DSC_0176

DSC_0177

DSC_0178
1軒分の建築現場がでかすぎる。

DSC_0179
上島邸新築工事
UCC上島珈琲の社長も六麓荘に住んでいるらしいので、その上島かもしれない。

DSC_0180

DSC_0181

DSC_0182
先程の武田家
入口が複数あるようだ。

DSC_0183

DSC_0184

DSC_0185

DSC_0186

DSC_0187

DSC_0188

DSC_0189


DSC_0191

DSC_0192

DSC_0193

DSC_0195

DSC_0196
六麓荘町町内会事務所
六麓荘に家を建てる場合町内会に必ず入らなければいけない。なお、入会費は50万円である。

DSC_0197

DSC_0199
六甲山の麓の別荘地という意味でつけられた六麓荘は神戸都市圏を見下ろす優れた眺望の地である。

DSC_0200

DSC_0201