DSC_0889 (2)
平成卅年戊戌一月十二日庚寅
2018/02/27
DSC_0877 (2)
荒川登山口
安房森林軌道の車庫になっている。ここから縄文杉まで登山道が通じている。

DSC_0878 (2)

DSC_0879 (2)

DSC_0880 (2)
登山道は鉄オタ軌道を併用している。屋久島特色。

DSC_0881 (2)

DSC_0882 (2)

DSC_0883 (2)
荒川渡河

DSC_0884 (2)

DSC_0885 (2)
荒川

DSC_0886 (2)

DSC_0888 (2)
隧道もある

DSC_0889 (2)

DSC_0890 (2)

DSC_0891 (2)

DSC_0892 (2)

DSC_0893 (2)

DSC_0894 (2)

DSC_0895 (2)

DSC_0896 (2)

DSC_0897 (2)

DSC_0898 (2)
ここは滝をくぐっていて水が垂れてくる

DSC_0900 (2)

DSC_0901 (2)

DSC_0902 (2)

DSC_0904 (2)

DSC_0905 (2)

DSC_0906 (2)

DSC_0907 (2)

DSC_0908 (2)

DSC_0909 (2)

DSC_0910 (2)

DSC_0911 (2)

DSC_0912 (2)

DSC_0913 (2)

DSC_0914 (2)

DSC_0915 (2)
欄干がない橋

DSC_0917 (2)

DSC_0919 (2)

DSC_0920 (2)

DSC_0921 (2)
時間が遅かったのでここで引き返してしまったが、このすぐ先に小杉谷部落跡があった。そこまで行けばよかった……。しかし林業部落とはいえこんな山奥に部落があるのはやばい。

DSC_0922 (2)

DSC_0924 (2)

DSC_0925 (2)

DSC_0928 (2)

DSC_0929 (2)

DSC_0930 (2)

DSC_0931 (2)
安房川

DSC_0932 (2)

DSC_0933 (2)
愛子橋

DSC_0934 (2)

DSC_0935 (2)

DSC_0936 (2)

DSC_0937 (2)

DSC_0938 (2)
信号場?

DSC_0939 (2)
遺構がある

DSC_0940 (2)

DSC_0941 (2)

DSC_0942 (2)

DSC_0943 (2)

DSC_0944 (2)

DSC_0946 (2)

DSC_0947 (2)

DSC_0948 (2)

DSC_0949 (2)

DSC_0950 (2)

DSC_0951 (2)
安房森林軌道は安房から荒川登山口を経由し北沢まで通じている。
安房から荒川登山口の区間は立入禁止になっている。

DSC_0952 (2)

DSC_0953 (2)
ここは登山道になっていない

DSC_0959 (2)

DSC_0960 (2)

DSC_0961 (2)

DSC_0962 (2)

DSC_0963 (2)

DSC_0964 (2)

DSC_0965 (2)

DSC_0966 (2)
安房からきた軌道はここで北沢方面(本線・右)と荒川登山口(車庫・左)に分かれる。

DSC_0967 (2)
荒川登山口の車庫

DSC_0968 (2)
ここまでは乗合で来ることができる。冬以外は交通規制され乗合でしか来ることができない。

DSC_0001 (2)
安房にある軌道の始点。

DSC_0002 (2)
この軌道は日本で唯一現存する森林鉄道らしい。